Ir para o conteúdo principal

Conserte seus objetos

Direito de executar reparos

Loja

Vídeo de Apresentação

Introdução

iPhone 7 Plusはすでにバラバラになりましたが、東京分解三連勝単式はまだ続きます。iPhone 7 Plusと比べるとカメラの数は1つ少なく、ヘッドホンジャックは同じ数を持つこのiPhone 7 の分解を皆さんにお届けできるのは光栄です!

勇敢さは信頼をもたらします! FacebookInstagramTwitterTwitter日本語版を通じて、私たちとこの分解の戦いに挑み、修理の旅を続けてみませんか。

Este teardown (desmontagem analítica) não é um guia de reparo. Para reparar seu/sua iPhone 7, use o nosso manual de serviço.

  1. このiPhone 7を手に取りましょう!まず分解を始める前に、技術仕様を確認します。
    • このiPhone 7を手に取りましょう!まず分解を始める前に、技術仕様を確認します。

    • 埋め込み型M10モーションコプロセッサー付きのApple A10 フュージョンプロセッサー

    • 搭載容量は32, 128と 256 GB

    • 1334 × 750 ピクセル (326 ppi)で4.7インチIPSマルチタッチRetina HDディスプレイ

    • ƒ/1.8の開口部で12 MPカメラ、光学式手ぶれ補正、最大5倍のデジタルズーム

    • ƒ/2.2の開口部で7 MP FaceTime HD カメラと1080p HDビデオ撮影

    • 新Taptic Engineによって起動する感圧式 Touch ID ホームボタン

    • 802.11a/b/g/n/ac Wi‑Fi + MIMO Bluetooth 4.2 + NFC

  2. iPhone 7の分解作業を始める前に、ディスプレイ上に新しい追加点を幾つか発見できます。 1,334 x 750ピクセル解像度、広色域ディスプレイ(P3)付きのLEDバックライトワイドスクリーン、6sに比べると25%明るい液晶パネル。 ƒ/1.8の開口部、光学式手ぶれ補正付きの12MPカメラ。前モデルと比べると60%処理速度が早くなり、30%電力効率が向上しました。
    • iPhone 7の分解作業を始める前に、ディスプレイ上に新しい追加点を幾つか発見できます。

    • 1,334 x 750ピクセル解像度、広色域ディスプレイ(P3)付きのLEDバックライトワイドスクリーン、6sに比べると25%明るい液晶パネル。

    • ƒ/1.8の開口部、光学式手ぶれ補正付きの12MPカメラ。前モデルと比べると60%処理速度が早くなり、30%電力効率が向上しました。

    • クアッドLED True Toneフラッシュ(iPhone 6sと比べると50%集光能力が向上)

    • また新モデル番号ーA1779ーが背面ケースに記されています。

  3. iPhone 7は前モデルの iPhone 6sと同じサイズです。(138.3 mm × 67.1 mm × 7.1 mm) 一方で、重量は iPhone 6sが143gであるのに対し、iPhone 7 は138gと軽くなりました。 これは5gほど軽くなっただけです。言い換えればアメリカのペニー硬貨2枚の重さです。これがどうしたと言うのでしょうか?もしこの違いが修理しやすさに影響を与えてくれればいいのですが。それでも私たちが支払う2セントです… また追記として、iPhone 7は目障りなアンテナラインを上手く隠しています。しかし、カメラの突起は例外です。
    • iPhone 7は前モデルの iPhone 6sと同じサイズです。(138.3 mm × 67.1 mm × 7.1 mm) 一方で、重量は iPhone 6sが143gであるのに対し、iPhone 7 は138gと軽くなりました。

    • これは5gほど軽くなっただけです。言い換えればアメリカのペニー硬貨2枚の重さです。これがどうしたと言うのでしょうか?もしこの違いが修理しやすさに影響を与えてくれればいいのですが。それでも私たちが支払う2セントです…

    • また追記として、iPhone 7は目障りなアンテナラインを上手く隠しています。しかし、カメラの突起は例外です。

    • 外観に見とれている間に、私たちの友達Creative ElectronがX線撮影をしてくれました。素晴らしい内部の様子を見てみましょう。

    • ご存知ない方のために、マットブラックは新色です。しかし、もし他の色を希望される場合はゴールド、ローズゴールド、ジェットブラック、ブラック、シルバーがあります。

    • ご注意:新色であるジェットブラックは永遠に消すことのできないが付きやすいという弱点があるようです。

  4. Peter Piper picked a pair of pesky proprietary Pentalobes...(ペンタローブネジの登場です) Peter Piperはテクノロジー系の修理が得意です!(アメリカのPで始まる早口言葉の遊びです…) iSclackを使ってカチッと音を立てて、パチッと割ると、フロントにひびが入ることなくiPhoneは緩んで開いてきます。
    • Peter Piper picked a pair of pesky proprietary Pentalobes...(ペンタローブネジの登場です)

    • Peter Piperはテクノロジー系の修理が得意です!(アメリカのPで始まる早口言葉の遊びです…)

    • iSclackを使ってカチッと音を立てて、パチッと割ると、フロントにひびが入ることなくiPhoneは緩んで開いてきます。

    • iPhone 7 は今までのように上部を軸にして開くのではなく、まるで絵本のように横から開きます。開いた時にケーブルが裂けたりきつくなることもなく、まるでこの分解の終わりはおとぎ話の終わりのようになりそうです。

    • しかし分解の終わりはまだまだ先ですー分解のまとめにジャンプする前に、私たちはこの端末の覆いを剥いでいかなければなりません。まずはバッテリーです。

    • ケースを開ける前に粘着力のある接着剤との格闘をした後、さらに修理を妨害する別のセットに出くわしました。ケーブルブラケットに留められている小さなトライポイントネジです。これは7の兄貴分である7 Plusにも付いていました。

    • 実際にiPhoneのバッテリーを交換する際にこのように邪魔をするネジ用のドライバーをどこで入手すればよいのか心配ですか?大丈夫です。私たちの64-bit toolkitにはトライポイントネジ用のドライバーも備えています。

    • フロントパネルと接着剤からの粘着力のある糸があるため、私達が信頼を寄せるスパッジャーを手に持ってバッテリーの接続を外します。それから続けて、スパッジャーでディスプレイコネクタの接続を外します。

  5. ライト、カメラ、アクション! iPhone 7 はより大きくなったƒ/1.8の開口部、新しい6枚構成のレンズ、12MPセンサーと4つの LED、フリッカーセンサー機能を備えています。フリッカーセンサーは写真やビデオ撮影中に、ライトのちらつきを感知し、フラッシュの発光を適切に補正してくれます。 さて、これはフラッシュ付きカメラです。
    • ライト、カメラ、アクション!

    • iPhone 7 はより大きくなったƒ/1.8の開口部、新しい6枚構成のレンズ、12MPセンサーと4つの LED、フリッカーセンサー機能を備えています。フリッカーセンサーは写真やビデオ撮影中に、ライトのちらつきを感知し、フラッシュの発光を適切に補正してくれます。

    • さて、これはフラッシュ付きカメラです。

    • このカメラは内部をパパラッチされる準備ができています。X線画像でこのカメラを撮影してみると、近距離で見るのと同じぐらいよく分かります。

    • 同時に、つい先ほど目にしたカメラと別のカメラのようにも見えます。

  6. 新しいカメラを取り出して、iPhone7の深層部まで侵入していきましょう。 次の分解はヘッドホンジャックと思われるオーディオバッフルです。 分解アップデート:Appleによると、このプラスチックは気圧ベントとのことです。入り口には耐水シール加工された外部侵入を防ぐプロテクションが付けいており、iPhoneはこの隔壁を通して本体内部と外気の気圧を精密に測量し、均一に保っています。
    • 新しいカメラを取り出して、iPhone7の深層部まで侵入していきましょう。

    • 次の分解はヘッドホンジャックと思われるオーディオバッフルです。

    • 分解アップデートAppleによると、このプラスチックは気圧ベントとのことです。入り口には耐水シール加工された外部侵入を防ぐプロテクションが付けいており、iPhoneはこの隔壁を通して本体内部と外気の気圧を精密に測量し、均一に保っています。

    • このTaptic Engineは、ホームボタンを押した触覚を増幅するためのもので、取り外すとバッテリー下に追加スペースができます。

    • バッテリー下の視界がクリアになったところで、当社の便利なスパッジャーを使ってバッテリーの下から接着剤を剥がしていきます。バッテリーに装着されている3つのプルタブを、巻いていきながら引っ張り出します。

  7. The Essential Toolkit

    The most helpful tools in our most compact kit.

    Comprar agora

    The Essential Toolkit

    The most helpful tools in our most compact kit.

    Comprar agora
  8. ついに、 iPhone 7のパワー源を手にしました。この黒いオベリスクを動かしている不思議なエネルギーはなんでしょうか?マジック?あるいは星が死ぬ間際に放つエネルギー? 実際に、これは比較的安全で良質のリチウムイオンバッテリーです。この3.8 V、1960 mAhをもつバッテリーは7.45 Whの容量で、昨年モデルの6.55 Whと比べると飛躍的に増大しました。 Appleはこのアップグレードされたバッテリーは、3G通話で最大14時間、Wi-Fiインターネット利用で最大14時間、連続待受時間は最大10日間としています。
    • ついに、 iPhone 7のパワー源を手にしました。この黒いオベリスクを動かしている不思議なエネルギーはなんでしょうか?マジック?あるいは星が死ぬ間際に放つエネルギー?

    • 実際に、これは比較的安全で良質のリチウムイオンバッテリーです。この3.8 V、1960 mAhをもつバッテリーは7.45 Whの容量で、昨年モデルの6.55 Whと比べると飛躍的に増大しました。

    • Appleはこのアップグレードされたバッテリーは、3G通話で最大14時間、Wi-Fiインターネット利用で最大14時間、連続待受時間は最大10日間としています。

    • 改良されたバッテリー寿命は喜ばしいですが、もっと感動する事実はこのバッテリーは交換しやすいプルタブが付けられているということです。

  9. iPhone 7 スピーカーには、ロジックボードに接続している接着型のWi-Fiダイバーシティアンテナが取り付けられています。 耐水性警報です!外部侵入を防ぐためにスピーカーのアウトプットダクトはゴム製スピーカーグリルのガスケットにぴったりと重ねられています。 このデザインは数時間前に分解したiPhone 7 Plusと全く同一です。
    • iPhone 7 スピーカーには、ロジックボードに接続している接着型のWi-Fiダイバーシティアンテナが取り付けられています。

    • 耐水性警報です!外部侵入を防ぐためにスピーカーのアウトプットダクトはゴム製スピーカーグリルのガスケットにぴったりと重ねられています。

    • このデザインは数時間前に分解したiPhone 7 Plusと全く同一です。

    • ダクトも同様に繊細なメッシュが付けられていますースピーカーグリルに耐水の仕事を任せられない時のためでしょう。

  10. これはただのSIM 取り出し用のホールのように見えません。ピタゴラスイッチの仕掛けのように見えます。SIM取り出しツールがプラスチックピンを押すと、次にメタルピンが押され、その結果SIMトレイが取り出せるのです。 でもこれによって、発生頻度が一番高いトイレに流してしまうアクシデントから守ることができます。
    • これはただのSIM 取り出し用のホールのように見えません。ピタゴラスイッチの仕掛けのように見えます。SIM取り出しツールがプラスチックピンを押すと、次にメタルピンが押され、その結果SIMトレイが取り出せるのです。

    • でもこれによって、発生頻度が一番高いトイレに流してしまうアクシデントから守ることができます。

    • そして、追加ポイントとしてAppleはSIMトレイ周辺にもゴム製ガスケットを加えています!

  11. シリコンを間近で確認するため、速やかにロジックボードへ作業を移しましょう。 iPhone 7 Plus のロジックボードと比較するために並列してみる前に、7 と 7 Plusのロジックボードはサイズこそは大きな違いがあるものの、驚くほど似ていることに気がつきます。
    • シリコンを間近で確認するため、速やかにロジックボードへ作業を移しましょう。

    • iPhone 7 Plus のロジックボードと比較するために並列してみる前に、7 と 7 Plusのロジックボードはサイズこそは大きな違いがあるものの、驚くほど似ていることに気がつきます。

    • 詳細に見てみるとコネクターのサイズと位置、柱穴やネジの位置にわずかな違いがみられます。

    • Appleは一から新しいボードを作り直さなかったのは明らかですが、iPhone 7 Plusのハードウェアをボードに搭載するために幾つかの調節が必要だったようです。

  12. シリコンに埋もれなければ分解とは言えません!以下は、ロジックボード上で取り出したものです。
    • シリコンに埋もれなければ分解とは言えません!以下は、ロジックボード上で取り出したものです。

    • Apple A10 Fusion APL1W24 SoC + Samsung 2 GB LPDDR4 RAM (K3RG1G10CM-YGCHとも表示されています)

    • Qualcomm MDM9645M LTE Cat. 12 Modem

    • Skyworks 78100-20

    • Avago AFEM-8065 パワーアンプモジュール

    • Avago AFEM-8055 パワーアンプモジュール

  13. 裏側のチップ情報です。
    • 裏側のチップ情報です。

    • SK Hynix H23QEG8VG2ACS 32 GB Flash

    • Murata 339S00199 Wi-Fi/Bluetooth モジュール

    • NXP 67V04 NFCコントローラー

    • Dialog 338S00225 パワーマネージメント IC

    • Qualcomm PMD9645 パワーマネージメント IC

    • Qualcomm WTR4905Multimode LTE Transceiver

    • Qualcomm WTR3925 RF Transceiver

  14. チップ詳細はまだ続きます。
    • チップ詳細はまだ続きます。

    • Bosch Sensortec BMP280 気圧センサー

    • Apple/Cirrus Logic 338S00105 オーディオコーデック

    • Cirrus Logic 338S00220 オーディオアンプ(x2)

    • Lattice Semiconductor ICE5LP4K

    • Skyworks 13702-20 ダイバーシティ受信モジュール

    • Skyworks 13703-21 ダイバーシティ受信モジュール

    • Skyworks 77363-1

  15. まだ幾つか ICチップが残っています。 Avago LFI626 200157
    • まだ幾つか ICチップが残っています。

    • Avago LFI626 200157

    • NXP 610A38

    • TDK EPCOS D5315

    • Texas Instruments 62W8C7P

    • Texas Instruments 65730A0P パワーマネージメント IC

    • ICチップ識別の専門であるChipworks に心から感謝申し上げます。iPhone7のコントロールハードウェアを徹底的に分析しているChipworksの分解ページもご覧ください。

  16. さてロジックボードが取り出せたら、Lightningコネクターアセンブリを確認していきましょう。 と言えども、確認できるのでしょうか?軽い接着剤を剥がすのは上手くいきましたが、引っ張ってみたところ動きません。まだ他にもこのポート上にネジが残っているのです。 Appleは私たちの警告を肝に銘じたようです。オーディオコネクターの重さに耐えられるヘッドホンジャッキでなければ、このポートは磨損してしまうため、これ程までに補強したのです。
    • さてロジックボードが取り出せたら、Lightningコネクターアセンブリを確認していきましょう。

    • と言えども、確認できるのでしょうか?軽い接着剤を剥がすのは上手くいきましたが、引っ張ってみたところ動きません。まだ他にもこのポート上にネジが残っているのです。

    • Appleは私たちの警告を肝に銘じたようです。オーディオコネクターの重さに耐えられるヘッドホンジャッキでなければ、このポートは磨損してしまうため、これ程までに補強したのです。

    • Lightningケーブル(別名:何でもケーブル)に居を構える別の住人たちはアンテナ、2つのマイク、2つのスピーカーグリルプラグとLightningポートがいます。

  17. 本体ケースの底を擦っていくと、アンテナフレックスケーブルが取り出せました。 また、ボタンケーブルは蜘蛛の巣のように入り込んでいます。ケーブルは細く壊れやすく、そのままの形で取り出すには気をつけなければなりません。加えて、ケーブルは防水加工されたコンポーネントで重なりあっています。それゆえ、何度も左の画像のアセンブリの塊が、取り出されないことを願います。
    • 本体ケースの底を擦っていくと、アンテナフレックスケーブルが取り出せました。

    • また、ボタンケーブルは蜘蛛の巣のように入り込んでいます。ケーブルは細く壊れやすく、そのままの形で取り出すには気をつけなければなりません。加えて、ケーブルは防水加工されたコンポーネントで重なりあっています。それゆえ、何度も左の画像のアセンブリの塊が、取り出されないことを願います。

  18. 背面ケースがあと少しで取れそうです。次はボリュームボタンに注目してみましょう。7Plusではこのボリュームボタンに少々手こずりました。 根気よくピンセットでボリュームボタンを引っ張っていきます。出てきたのは裂けてしまった接着フラップです。ですが、このボタンカバーはそうは容易く外れません。 次に取り出すのは奇妙なCの形をしたクリップのようなものです。
    • 背面ケースがあと少しで取れそうです。次はボリュームボタンに注目してみましょう。7Plusではこのボリュームボタンに少々手こずりました。

    • 根気よくピンセットでボリュームボタンを引っ張っていきます。出てきたのは裂けてしまった接着フラップです。ですが、このボタンカバーはそうは容易く外れません。

    • 次に取り出すのは奇妙なCの形をしたクリップのようなものです。

    • 最後にボタンがついに取り出せました!2つの小さなガスケットが付いています!Appleはこれほどまでに耐水性に執着したようです。

    • この3つのパートに分かれている仕組みを再組み立てするのは、以前 iDevicesで使用されていたボタンカバーよりも随分と難易度が上がりました。ですが、このシールによって、この取り外し作業が少なくなることを願いましょう。

  19. 分解作業をディスプレイアセンブリに戻しましょう。さらに調査の必要な最新テックパーツが幾つかあるようです。 ケーブルを剥がしていきながら、イヤホンスピーカーや、 ディープトレンチアイソレーション、自動手ぶれ補正機能が付けられ刷新された7 MP FaceTime HDカメラを取り出します。 6sの5MP FaceTime カメラと比べるとかなりのアップグレードと言えます。
    • 分解作業をディスプレイアセンブリに戻しましょう。さらに調査の必要な最新テックパーツが幾つかあるようです。

    • ケーブルを剥がしていきながら、イヤホンスピーカーや、 ディープトレンチアイソレーション、自動手ぶれ補正機能が付けられ刷新された7 MP FaceTime HDカメラを取り出します。

    • 6sの5MP FaceTime カメラと比べるとかなりのアップグレードと言えます。

    • イヤフォンスピーカーも進化しています。2番目のラウドスピーカーはステレオサウンドとしての役割も果たすほどアップグレードされています。

    • またソリッドステートのミニタッチセンサー、いわゆるホーム”ボタン”を取り出します。

  20. これで終了です! この分解マラソンにお付き合いいただきありがとうございました!まだiPhone 7 Plusや Apple Watch Series 2 の分解をご覧になっていない方は、ぜひ引き続きお楽しみください。
    • これで終了です!

    • この分解マラソンにお付き合いいただきありがとうございました!まだiPhone 7 PlusApple Watch Series 2 の分解をご覧になっていない方は、ぜひ引き続きお楽しみください。

    • 最後になりますが、東京での分解作業を快諾していただいた日経テクノロジーに感謝いたします!皆さん、おやすみなさい!

  21. Considerações finais
    • バッテリーは直ぐにアクセス可能です。バッテリーの取り出しには特別なスクリュードライバーが必要で、接着剤除去の技術も要ります。ですが、難しくありません。
    • 新しくなったソリッドステートのホームボタンはこれまで挙げられてきた共通の失敗点を振るい落としました。
    • 改良された耐水防塵保護は環境被害やアクシデントによる液体ダメージに伴う修理の必要性を大幅に下げてくれます。(しかし同時に、別の修理がもっと困難になりました)
    • ディスプレイアセンブリは引き続き、一番最初に取り出せるコンポーネントで、スクリーンの修理は簡単になります。ですが、改良された耐水用処理が施されているため修理の手順はより複雑となりました。
    • トライウィングネジの追加に伴い、多くのiPhone7の修理には最大4つのタイプのドライバーが必要となります。
    Pontuação de reparabilidade
    7
    Reparabilidade 7 de 10
    (10 é o mais fácil de reparar)

Um agradecimento especial a esses tradutores:

100%

Estes tradutores estão nos ajudando a consertar o mundo! Quer contribuir?
Comece a traduzir ›

1960 mAh is a lot more than 1715 of 6s!

Marco Tini - Responder

it is actually.

ANIL AKBULUT -

Do they use Tri-point screws on the LCD connector plate?

Kyle - Responder

Yes, and the top connector plate.

Gigabit87898 -

looks like cracking the seal to repair something will cause a loss of waterproof qualities:( Im sure that'll hurt repairability

Ricky H - Responder

Adicione um comentário

Exibir estatísticas:

Últimas 24 horas: 139

Últimos 7 dias: 1,035

Últimos 30 dias: 4,830

Duração total: 645,811