Ir para o conteúdo principal
Inglês
Japonês

Samsung Galaxy S10/ S10eの分解

Guia de informações

= Concluído = Incompleto

    Descreva a peça ou componente específico deste(a) device em que você está trabalhando. Ex: Bateria

    Criar um título.

    Este breve resumo só aparecerá em resultados de pesquisas.

    Dar informações básicas antes de o leitor mergulhar no guia.

    Passos do guia

    Passo 1

    S10eの"e"は一体どういう意味なのでしょうか。S10と比べると何が違うのでしょう?早速、スペックから比較してみましょう。

    Passo 2

    デバイスの外観からでは、大きな発見はありませんが、S10とS10+のディスプレイエッジのカーブは確認できます。

    Passo 3

    この3モデルの外観は似ていますが、お財布に優しいS10eは、随分と大きな電源ボタンが付いてます。このボタンに通常の容量性指紋センサーが搭載されています。

    Passo 4

    新しく改良されたデバイスには、新しく改良した開口方法です…もしくは、今までと同じです!もう一度ここで、私たちはデバイスを温めるため、作業になくてはならないiSclackを準備します。

    Passo 5

    数本の標準プラスネジが、このガジェットの前に立ちはだかっています。iFixit特製Marlin driver setを使えば問題ありません。今やSamsungの解体に、ドライバー1本だけで十分とは喜ばしい限りです。

    Passo 6

    Samsungのヘッドホンジャックの標準長さは12 mm、直径8 mmです。100%モジュール式で、私たちのお気に入りです。残念なことは、iPhoneやiPadにはこれを搭載するスペースが無いことです。

    Passo 7

    マザーボードの下をざっと見てみましょう。幾つか最新の発見があります。

    Passo 8

    次にボードからメインカメラアレイを取り出します。ABS樹脂かナイロンのような黄色のプラスチックフレームにはめられています。(なんとなく80年代の香りがしますが、気に留めません)

    Passo 9

    サーマルパッドとカメラを取り出すと、チップに到達です!マザーボードのフロント側に搭載されているものです。(画像上:S10e、画像下:S10)

    Passo 10

    まだまだあります。Samsungは裏側にも、より多くのシリコンを詰め込んでいます。

    Passo 11

    大物の次は、小型のチップを確認していきます。

    Passo 12

    これで最後のチップ情報です。

    Passo 13

    バッテリータイムです!もう誰も驚きませんが、この2つのバッテリーは頑丈にメタルフレームに接着されています。取り出し用のプルタブも付いていないようです。

    Passo 14

    次の作業は、デリケートなディスプレイを取り出すぐらいしか残っていません。S10のディスプレイ内部には、新機能の超音波指紋スキャナーを搭載しています。

    Passo 15

    S10eのフラットディスプレイは、S10のカーブしたスクリーンの開口作業に比べると、若干ながらましです。しかし残念なことに、どちらのディスプレイも外してしまえば、今後”フォートナイト”ゲームに興じることはできないでしょう。

    Passo 16

    この超薄型ディスプレイはSamsung製で、さらに温度管理ツールの役割も果たしています。つまり、コッパーと黒鉛のレイヤーが付いており、デバイス内部の他のコンポーネントから発生する熱を拡散させています。

    Passo 17

    これで2つのデバイスの分解が終わりました。お楽しみとしてパーツの置き画をご覧ください。

    Passo 18 — 分解を終えて

    SamsungのGalaxy S10とS10eの修理難易度は、両モデルとも10点満点中3点です。(10点が最も修理しやすい指標)

    Suas contribuições são licenciadas pela licença de código aberto Creative Commons.